上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢で見るストーリーって、突拍子もなくて逆に面白いですよね。

ちょっとそれを羅列してみようかなぁと。


○ホームセンターに買い物に来ていた中学生グループとその親が、突然の災害に巻き込まれて閉じ込められる。
 化け物が出現し、それを退かせながらなんとか外に出ると、道路や建物はボロボロ、人も道端で怪我をして座り込んでいる。
 とにかくそれから逃げるために近くの大学へ向かう。(バイオ○ザード……?)

○自分は羊、相棒は山羊。地下の工事現場のような基地に閉じ込められ、捕まったら食べられてしまうので逃げる。
 途中、同じくそこで逃げ回っていた女の子に出会い、出口へ向かう。
 しかし脱出寸前に追っ手に追いつかれ、女の子が身を挺して自分たちを逃がしてくれる。

○自分は白い国の白い殿に仕える少年兵士。百発百中の弓の腕前と、跨った白馬を自在に操るスキルを持つ。
 殿に命じられ、妹(自分と同等くらいの弓の実力)と共に相手の陣地に攻め入る。
 赤の殿を暗殺しようとしたが、狙いをつけているときに背後から襲われ妹が死亡。
 刺客を排除し、白い殿の危険を察知して自陣へ。
 黒い城に貼り付けにされた殿を救うが、受け続けた攻撃と殿を落下から守ったことで力尽きる。


自分的には三番目が面白いと思うんですが。
ちょっとこれで漫画でも一本描きたいなと思ってます。
昨日思いついたネタっていうのはこれのことです。

追記はメモです。


世界観:東洋・西洋・ファンタジー・近未来の入り混じった世界。

国:それぞれが世界の領土を巡って戦争中。

  白い国→和風、主人公のいる国。最近底辺から成り上がってきた。
  赤い国→中華+和風。赤の殿による独裁国家。魔術により鬼を召還する。
  黒い国→白い国と対立関係にある、かつての友好国。兵士の数は最も多く、武器に銃を好む。
  青い国→脇役。兵士の数が少ないが、不思議な生き物ばかり住んでいる。魔術の国。
  灰の国→魔術の国。悪魔を召還するため、日々残虐で狂気に満ちた生贄の儀式が繰り返される。

国名はイメージカラーです。名称はなかったんですが、一応決めたほうが呼びやすいと思って。

登場人物

 鷹守(たかもり) 主人公の少年。小さい頃から弓の訓練を受けている。獣の声を真似て仲間と連絡を取り合える。
 朱苑(しゅえん) 主人公の妹。同じく弓の訓練を受けている。兄よりも油断しやすい性格。
 上武 法忠(かみたけのりただ) 別名白の殿。鷹守たちに命令できる唯一の存在。用心深く、戦術に長ける。

 赤の殿 自らの利益のためだけに動く。困ったときは魔術頼み。
 黒の殿 自国と白い国が友好関係だったのを気に入らなかった。案外常識人。


舞台は戦国時代のような戦乱の世界で、鷹守たちは飛車と名づけた白馬に乗っています。
跳躍力・走力ともに普通の馬より優れていて、文字通り飛ぶ様に走ります。

鷹守は法忠のことを慕っていますが、ある種父親のような感じです。
いくら私が腐女子だといっても、なぜかそこにだけはアッー!な感情は入れたくありません。
いつもなら上司×部下(*´Д`)ハァハァって言ってるのにw

鷹守たちの両親は法忠に仕える大臣だったので、そういう教えで育ってきましたから、特に反感などはありません。
むしろ法忠の役に立ちたいから働く、という感じ。
出家扱いになっているので、両親とは短い間しか暮らしていません。
戦以外の時は法忠の世話をしたり、狩りに連れて行ってもらったりしています。

連絡用の獣の声は、猿・キジ・犬の三種類。
猿は戦況、キジは移動、犬は攻めとそれぞれ系統がありますが、
大きく一声鳴くだけとか、特定のパターンは全て同じ意味です。『回り込め』とか。
ある程度戦闘していると読まれてしまうため、戦のあいだ、定期的に『』の指示を入れ替えます。
(それも二人で鳴き合って決めます)
きちんと正しい声で鳴けば、どの系統でも全ての指示が可能です。

二人だけが法忠の側近であり、手足なわけなので、家臣の裏切りは致命的です。
なので裏切り防止のために、獣の声は二人しか意味を知りません。

主な使用武器は弓です。
他には小刀やかんしゃく玉など。どちらもけん制や物を切ったり避けたりするのにしか使いません。
馬が動きやすいようにするために、二人の体は軽く小さいので、接近戦をあまり得意とはしません。



いつか漫画描いてみたいので、そのためのメモとして記しておきました。
こういう使い方すればブログって便利だなぁ。
ちなみに、白い国のその後は…………いつか作品にしたら、その時初めて公開します。
スポンサーサイト

Comment

あ~あ~・・・
文字がいっぱい・・・!
漫画は何かと大変なんですよねー・・・。でもだからこそ、
漫画を描いてみたい!とか思います。
自分でも書きすぎたと思います
反省……
しかし思いついたことから書いてかないと、
どんどん思ったことを忘れちゃうんですよ私w

ほんとに漫画はそうですね。
頭に浮かんだ情景をそのまま絵にする技術と才能があれば……
私にはそれはできないので、努力で補おうとするしかないです。
文章も作文レベルならこなせるけど、長文だと極端に苦手なので
やっぱり漫画しかないかなぁと思います。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。